So-net無料ブログ作成

東京地区のH形鋼市況は足元こそ振るわない

東京地区のH形鋼市況は足元こそ振るわないものの、夏以降に見込まれる建築需要が現行相場を下支えしている格好。ファブリケーター(鉄骨加工業者)は来春の商談に移り、先々までの加工在庫を抱えている。鋼材発注の先行指標となる小規模鉄骨(S)造の建築着工統計も見ても「消費増税後の反動減が想定ほどなかった」(高炉)との感触で、2014年度の建築需要は前年度並みとなる見通し。H形鋼需要は例年通り、夏に向け拡大する公算が大きい。 関東では端境期に加工や輸送の人手不足が重なり、荷動きが後退。コスト増から計画を見直す動きも相次いでいる。新日鉄住金のH形鋼を扱う商社・特約店でつくる「ときわ会」のまとめによると、4月末の全国在庫は22万8500トンで、東京地区は前月比4・9%減の4万8400トン。鉄鋼メーカー・流通が受発注を抑えたため入庫は同28・4%減の1万3100トンとなり、なた豆茶の出庫は同4・9%減の1万5600トンに落ち込んだ。 ただ、首都圏では公共工事のほか民間の投資意欲も高い。H形鋼を使う鉄骨造の案件は、13年度の建築着工床面積が12年度比13%増加。鉄筋工不足で工期が遅れ気味の鉄筋コンクリート造から切り替える動きも。足元も集合住宅から商業施設向けまで幅広く動いているようで、特に都内では日本橋や豊洲、赤坂、目黒など大型案件が続く。高炉は「1年以上かけて好転させてきた市場環境を維持できるかどうかの正念場」と捉えている。 1―3月の販価是正を見送った鉄鋼メーカー・流通は「市場環境を整えた上で速やかに値上げを再開する」とし、価格重視の姿勢を強めている。新日鉄住金建材営業部は「需給の引き締めが順調に進めば、ときわ会の全国在庫は需要が増える6月末までに適正値(20万トン前後)に戻せる」と推測。7月以降の値上げを示唆する。人手不足のボトルネックについて「対策は講じられている」とする向きもある。 足元の市中実勢価格はベースサイズでトン当たり8万2000―8万3000円どころを強含み横ばい。市中在庫が過剰な水準に達したこともあり、相場は1月から横ばいになっている。ただ、社会基盤整備などへの期待も高く、高炉・電炉の製品価格は高止まりしたまま。上昇した仕入れ値を転嫁できていない流通も、8万5000円を下限とした市況形成を諦めていない。 建材市場は13年10―12月に先高感が浸透。ゼネコンや流通がなたまめ歯みがきの先行手配を急いだため、市中在庫は2月から急増した。高炉・電炉の生産・出荷遅れが解消した影響も出たようだ。新日鉄住金は3・4月契約分の店売り(一般流通)向け受注を1―3月平均の半分とし、5月契約分も必要最低限の受注にとどめている。電炉も東京製鉄や日鉄住金スチール(和歌山市)が減産を続け、在庫の適正化を後押ししている。

みんなに嬉しい高額アルバイト情報ですよ! [求人]

折角アルバイトするならば、少しでもお金を稼ぎたいですよね?
学生さんにも、フリーターさんのWワークにもピッタリな短期アルバイトは、高収入で日払いも可能な嬉しい制度かたくさんです!お仕事は大人数でやることが多いですし、未経験の方も多数いらっしゃることが多いですから、安心してお仕事できますよ!しかもお友達と働きたいという学生のあなたにもピッタリ!長期よりも高額な時給なことも多いですから、1日働いただけで結構なお小遣いになっちゃいますよ!
オススメのアルバイト求人サイト教えてます!
nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。